<<0312345678910111213141516171819202122232425262728293005>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

混沌の中でこそ感じる“生”もある!パタヤの夜は熱かった!

 むせ返るような暑い夜だった。パタヤのバービアのリング上でタイのボクサーと対峙する平塚の顔がやけに白く見えた。私は胃の辺りからせり上がってくる鈍痛を知覚した。この不安、この混沌、この恍惚。緊張の糸は限界までに張りつめ、そして震えていた。タイ人のしなやかな肢体はオイルの光沢により、まるで鉛のように鈍く光りながらうごめいている。
 格闘技というのは死の疑似体験である。死を前にした人間と人間が織り成す舞踏だ…。真っ赤なライトに照らされた酔客と売春婦たちの喧噪がリングを取り囲む…。

 今回、全てが判明しないまま、我々はバンコク、そしてパタヤに乗り込んだ。本当に試合が出来るのかどうか、相手がいるのかどうか、すべて謎のまま旅が進行した。我が後輩、平塚洋二郎が半年ほど前に私の事務所を訪ねてきた時からこの瞬間まで、すべて謎のままこのムエタイ挑戦の企画は進行していたのだ。
 長い待ち時間が過ぎ、ワイクーを踊る対戦相手の横で平塚が四方に向けて十字を斬る。私は何か夢の世界にいるような、妙なトランス感を覚えながらそれを見ていた。1ラウンドの鐘が鳴るまでの間、ここが現実の世界ではない、どこか夢の中にいるような感覚に私は浸っていたのだ。そのうち戦いが始まり、お互いの蹴りが相手に当たり肉を打つ音で目が覚めた。
 リングの中にいる平塚と褐色のボクサーを見て私は興奮していた。試合にというよりも、この場、この雰囲気、これまでの一連の旅の流れに…。
「これは凄い!面白い!これだ!」
 公式な大会でもないし、試合でもない。ただ、自ら混沌の中に飛び込み、今は目の前の相手と殴り合い、蹴り合いをしている男。不安と恐怖と緊張すべてを飲み込みながらトグロを巻き始めたエネルギーのほとばしり。管理されていない何か、システマチックではない何かの中に我々は確かに身を置いていた。この猛烈な感動は何だろう。ずっと忘れていて、どこかに置き去られていた何モノかに私は触れていたのだ。
「ドラゴン魂」の全貌の一端がチラリと顔を出した。どうやらこれは、私が想像していた以上の概念なのかもしれない。
つまり私はパタヤで剥き出しの“生”を感じたのだ。
15-07-25_06-43-54_000.jpg

コメント

コメントForm

プロフィール

川保天骨

名前:川保天骨
九州から来ました!

Twitter
グラフ

kawaten037の運気

リンク

tranceshop_banner.gif

関連コンテンツ

btb-002.jpg
btb-002.jpg
vubg-5022_m_001.jpg
btb-002.jpg
btb-002.jpg
btb-002.jpg
btb-002.jpg
btb-002.jpg
btb-002.jpg
pet.jpg
smp-001.jpg
hmb-003.jpg
hmb-002.jpg
df-003.jpg
DTF-003_m_001.jpg
DTF-004_m_001.jpg
dtf-002_bb_001s.jpg
btb_001.jpg
btd_001_001_m_001.jpg
btd_001_001_m_001.jpg
btc-002.jpg
btc-002.jpg
btc-001.jpg
heroine_station_001.jpg
heroine_station_001.jpg
huninsyo.jpg
akumakun.jpg
heroine_station_001.jpg
kawasaki1_m.jpg
googleearth.jpg
herocolo_03m.jpg
herokiki_m_007.jpg
lovespa01_s.jpg
herokiki_s_006.jpg
herocolo02_s.jpg
herokiki_s_005.jpg
herokiki_s_004.jpg
herokiki_s_003.jpg
herocolo_s_001.jpg
herokiki_s_002.jpg
herokiki_b_001.jpg
cosplex_s.jpg
skul.jpg

アクセスカウンター

ブログパーツUL5

ブロとも申請フォーム
全記事表示
すべての記事を表示する

all-banner.jpg

最近のコメント
ブログ内検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード

copyright © 天骨中毒日誌. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。